レザーバッグ製作日記

2009.04.09 (Thu)
なんと奇跡の品質(笑)のソフトオイルレザーが
革倉庫から発掘されたので
ヒップ&ショルダー兼用のバッグを製作したいと思います。



道具さえあれば初心者の方でも臆することなく
挑戦できるレベルのものなので
興味のある方がいらっしゃいましたら
ぜひチャレンジしてみてください!
道具1道具2
まずは使用する道具です。
左から  各種ゴム板、カシメ打ち台、菱目キリ、穴あけ棒(丸、平、平4本)、銀ボールペン、
      皮すき、針、麻糸、カシメ、カッター、ハサミ、革レース、革、
上のほう  ボンド各種、アルミ定規、

      あとは麻糸にロウ引きするための ベタベタする(笑)ロウ(蝋)、
      ゴムハンマーなどが必要です。


ほとんど全ての道具がホームセンターや100円ショップで
購入できます。

レザークラフト専門の道具は確かに性能はいいのですが
値段が高すぎるので・・・・・・(笑)、
そろわなかったものだけ専門店で買います(笑)。




では製作です。
バッグ2バッグ1
バッグのポケット部の製作からです。
芯材の分厚い革に薄い裏革を貼り、その周りにマチをボンドで仮止めし、
革レースで編み込みます。

尚ワタシの場合、製作は全て「現物合わせ」なので
型紙や製作手順など一切存在しません(笑)。


そのほうが”世界で一つだけのアイテム”として嬉しいからです(笑)。


バッグ3エイ1

銀ボールペンで描いた
バッグの表革のデザインをカッターで切り抜きます。
全てのパーツの構造は表革に芯材を貼り付けています。

素材1サメ1
んで、切り抜いた穴に浮き上がる様に他素材でアップリケですが・・・、
素材のセレクトが一番の悩み所であり
一番楽しい所でもあります(笑)。

今回は渋く黒に統一したエイ革とキングコブラ革をセレクトしました。



穴あけ
さて、製作において一番面倒なのが
穴あけの作業です。縫い穴、かがり穴など全て
手作業で一穴ずつキリであけていかなければなりません・・・・・・。

気が遠くなる作業工程です・・・・・・・・。


バッグ5バッグ4

刺繍が終わり
またもや、かがり穴あけの作業を延々とこなしたら
表革とポケットを一体化させるべく革レースでダブルステッチ仕上げです。


皮すき
アップリケに使う革の縁をすいておくと仕上がりが綺麗になります。
・・・ですが毎回手にマメができて潰れるほどしんどい行程ですので
やらないほうが無難です・・・・。


バッグ7トラブル2
さあて、もうすぐ完成ですが・・・・ベルトの金具を
付け間違えました・・・・がび~ん・・・・。


悪い癖(?)がでてきました・・・・妥協はしません。
絶対にしてたまるかぁ~!!!(あ~あ・・・)
金具を鋼線ニッパーで切り落とし
再装着です。


完成1完成2
やった!!ついに完成だっ!!!
ベリークールに仕上がったぜ~!!!


完成3完成4
もうなんでも入りますよ。
携帯もウルトラセブンもhyde様も(笑)。


いかがでしたでしょうか?
製作日数は2日ほどです。皆様もぜひ世界に一つの
オンリーワンアイテムの製作に挑戦してみてください。


                     友梨かもめ















スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yurikame.blog17.fc2.com/tb.php/92-840be1c4
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top