にんにん

2008.10.13 (Mon)
「ところで君たち
『おもしろいマンガ』というものは どうすれば描けるか知ってるかね?

『リアリティ』だよ!
『リアリティ』こそが作品に命を吹き込むエネルギーであり
『リアリティ』こそがエンターテインメントなのさ

『マンガ』とは想像や空想で描かれていると思われがちだが
実は違う!
自分の見た事や体験した事 感動した事を描いてこそ
おもしろくなるんだ!

たとえば現代なら居ないといって
存在を否定するだけの忍者!
どういう風に手裏剣を投げ
どんな衣装だったのか
伊賀と甲賀の違いはどこにあるとか
忍者を描く場合 マンガ家は見て知っていなくてはいけない

ムササビの術というのは
空気の抵抗を利用して初めて滑空するのだが…
その布は どの生地から出来て……

どういう風に
織られているのかとか……

マキビシを喰らった武士は
どんな風に苦しみもがくのかとか………

『リアリティ』のために
知っていなくてはならないのだよ

残酷!?
ど素人の小僧が この『友梨かもめ』に意見するのかねッ!

(マキビシの)味もみておこう」




真琴  「で、どこ行ったんだ?先生は?」
魔太郎 「さぁ・・?」
真琴  (わ…悪い予感が………やばい人のような気がして来た)

※現在修羅場中につき漫画名台詞改変シリーズ中です。
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yurikame.blog17.fc2.com/tb.php/57-ee61dc97
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top