スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘だといってよ!

2008.10.09 (Thu)
いいかい、よく聞いてくれ。この包みの中には、私の描く漫画の原作が入っている。
この原作がモチベーションを高めたわけを知ってもらえるだろう。
もし私に何かあったときは、これを元に漫画を描いてくれ。
この手紙が本当だと信じてくれたら、きっと読者は救われると思う。
私がこの漫画を描こうと思ったのは、なんていうか・・・そうするのがかっこつけるみたいに思えて。
でも、ここで描くのをやめると、自分が自分でなくなるような・・・
福田が憎いとか安部さんの仇を討ちたいとかいうんじゃないんだ。
上手く言えないけど・・自分に、締め切りと戦ってみたくなったんだ。
私が漫画家だからなのか、理由は自分でもよくわからない。
・・・私はたぶん描ききるだろうな。そのことで、自民の議員や総理の麻生を恨んだりしないでくれ。
彼らだって俺と同じで、自分がやるべきだと思ったことをやってるだけなんだ。
無理かもしれないけど、他人を恨んだり自分のことを責めたりしないでくれ。
これは私の頼みだ。もし、運良く漫画を描ききって終わったらさ、かならずblog更新するよ。
書きに来る。約束だ。・・・じゃあな魔太郎。かわりに更新してくれ!真琴にも頼んでおけ!



真琴   「・・・何これ?」
魔太郎 「しばらくネームから下書き・ペン入れまでこもってやるみたいで・・追い出された。」
真琴   「でもこれの元ネタって負けフラグでしょ?」
魔太郎 「察してくれ・・・俺たちには今できることがないんだ。」

----ピリリリ・・

魔太郎 「はい、炎熱です・・先生?」
かもめ  「何勝手に追い出したようにblog書いている?!早く来い!」
魔太郎 「いや・・え?あの置手紙は?」

かもめ 「・・この機会にカッコいいこと書いてみたかっただけ・・。」

一同  「・・・・」
スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yurikame.blog17.fc2.com/tb.php/55-57ab4a7f
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。