スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の終わりに怪談でも。

2011.09.15 (Thu)
jinja.jpg



かもめ「近所の中学生達が話してるのを聞いたんだけどさあ・・・。」

黒童「なんですなんです?」

かもめ「この近所にお墓があるらしいんだ・・・・。」

真琴「こ・・・怖い話ですかっ!?」

かもめ「んでさぁ、そのお墓の向かい側に今では誰も住んでいない
    荒れ果てた空屋があるらしいんだ・・・・。」

真琴「もういいですっ!! 聞きたくないっ・・・ガクガク!!」

岡38「久しぶりの怪談ですねっ! それから?」

かもめ「そう、それでその家の前を通りかかると
    誰もいないはずの
    家の中にチラチラとなにか
    人影みたいなものが見えるらしいんだ・・・!!


黒童「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

かもめ「しかも夜な夜な人の話し声が
    聞こえてくるらしいんだよ・・・。


岡38「ん~・・・ホームレスの人が住み着いた可能性もありますが・・・。」

かもめ「普通誰もいない町外れのお墓の向かいに住み着くか?
    いや、住み着いたとしても当然電気とかは使えないわけだろ?」

黒童「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

かもめ「それが深夜に家の中から
    明かりが見えたとか言ってたんだよ!!


真琴「いやあああああああああああっ!!!

岡38「幽霊屋敷ですねっ! 面白そうだ探検行きましょうよっ!!」







黒童「・・・・そんなところ行く必要性がありませんっ!!」

かもめ「臆したかこの腰抜けめがっ!!
    イヤだと言っても絶対に連れて行く!!
    今すぐ探検に出発じゃあ~~~っ!!」

黒童「だから行く必要性無いでしょうがっ!!!」

かもめ「ふふふふふふふふっ!! このビビリめが!!
    出発は最早規定事項なのだっ!! 
    避けては通れぬ掟なのだっ!!!」







黒童「・・・・・あんたら本当に頭おかしいのかっ!!!
   幽霊なんて正体わかってるでしょうがっ!!!」

かもめ「なんだ? 自然現象とか目の錯覚とか
    磁気的な刺激を受けると人間の脳は幻覚を見せる
    とかその手の話にはごまかされんぞっ!?」





黒童「あのねぇ、この町内ってそれほど広くないですよね?」

かもめ「ん? たしかに広くはないぞ。」




黒童「じゃあお墓って何カ所ぐらいあります?」

かもめ「ん~~・・・・・・確かでっかいお寺に一箇所じゃないかな?」

黒童「お墓・・・・人気のない森・・・空屋・・・夜中の話し声、明かり・・・・・・。」

















真琴「あ。





かもめ「ん? それがどうした?」

黒童「この町内でその条件を満たしている場所はたして何カ所あると思います???」

かもめ「さあ? そんなに多くはないだろうからすぐに見つかるだろ、場所。」

黒童「だ~か~ら~っ!!!
   そんな場所「ここ」意外にないでしょうがっ!!!







岡38「あ・・・正面がお寺のお墓・・・・夜中の話し声、明かり・・・・。」













黒童「幽霊の正体はオレ達だってぇのっ!!!







かもめ「はぁ!???」










黒童「幽霊屋敷ってのはここ
   かもめスタジオの事で
   間違いねえだろがっ!!!








かもめ「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・











    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


















    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




















    ウチは廃墟じゃねぇ
    ゴるぁああああああああっ!!!!





to01.jpg



黒童「そうですよね~。
   幽霊屋敷に昇格(降格?)
   おめでとうございます~!










スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yurikame.blog17.fc2.com/tb.php/301-3cd088d6
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。