疵物語2

2009.09.22 (Tue)
namida1.jpg
さて、果たして見える人達というのはどういう人か??

まぁここでは何らかの「体験」や「能力」を持った人達という事にして
話を進める事にする。

霊感ゼロのワタシには到底見えないモノが見える人達がいる。
どこの仕事場でもそういった類の話というのは盛り上がる。
特に1日20時間以上机に向かっている我々からすると仕事中の退屈しのぎ
に面白い話は欠かせない。

さて「見える」人達がよく
(ネコは霊の姿が見えている)という話をする・・・・
ネコはたまに何もない部屋の隅をじ~っと凝視しているが・・・その時、
その視線の先には(居る)のだという・・・・・。

・・・・・が、それって「見えて」いるんじゃないよね。
ネコ達は「聴いて」いるんだよね。
人間にはとても知覚できない小さな「音」を。
小さな虫などの羽音や足音を。

同様によく「ラップ音」などと言われているものの体験談が
屋外のケースが少ないのも軋む材質のモノが近くに無いと鳴らないって
事だよね。

ワタシは霊などの存在を軽んじる事は嫌いだが、
(霊って生前世話になった人への感謝の気持ちだとか、
生前迷惑をかけた人への後悔の気持ちだとワタシは思う。)
なんでもかんでも霊のせいにされるのは正直イライラする(笑)。

その時は確か強行スケジュールの為体力的に無理をして
アシスタントの仕事に入っていた。

人間(ワタシは)、72時間寝ないで仕事を続けて、いざ寝る間際になると
「金縛り」になる。かなりの高確率で。
体は体力の限界を過ぎているのに脳がハイになって眠れないというやつだ。
その日も仕事場で「金縛り」になった。赤信号である。
・・・が、どう考えてもあと1~2日は解放されそうもないという状況だった。

翌日「昨日金縛りにあっちゃった」と話した・・・・。

その時その仕事場の先生(見える側の人)が
「それは霊に負けたからだ。もっと強い精神力をもたなければいけない。」
といった。

わたしの中で何かがキレた(笑)。



-----------続く-------------



スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yurikame.blog17.fc2.com/tb.php/141-4ab0351d
トラックバック
コメント
「キレた」というオチに吹きましたww
そういえば、映画「ゴースト」では、ネコだけは主人公(霊)を見えてましたね。
何にせよお体だけは気をつけてください!
「玉と砕けよ」休止なんてことがあったら悲しいですからね(^^;
追記:アタックNo.1なつかしいですねw
リオン | 2009.09.23 01:25 | 編集
ワクテカw
(^-^)/
tantou | 2009.09.23 09:59 | 編集
>リオン様
コメントありがとうございます。

漫画家にとって
読者の方からのコメント、励ましの言葉
というのは本当に癒されます。
疲労で力が抜けた指にも再び力が入るのは
凄いことだと思います。


>tantou様
コメントありがとうございます。

このエピソードは
あまり大した事の無いオチですので
期待はしないでくださいね(笑)。
友梨かもめ | 2009.09.23 19:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top